放課後等デイサ-ビス


私たちは、子どもから高齢者まで安全・安心、そして明るく元気に暮らせる環境をよろずの精神で創造します

『ばあす』とは?

 

バースデイのばあす
(バース=BIRTH=誕生)ということです。
ばあすはお子さまの誕生が一番の大切とし、
お子さまの成長一つひとつがばあす(誕生)であると考えます。
また、ばあすは達上池(たんじょういけ:平塚市民病院となり)
の畔(ほとり)にてスタートしました。
自然を大切にし、元気に活動できるように
願いを込めました。


 放課後等デイサービス こども通園センター ばあすグループ

 こども通園センター ばあす、ちびっこばあす、のびっこばあす、わくわくばあす、すくすくばあす。

 大切な時期である小学生のお子様を対象に、生活力、社会への適応の練習や能力などの向上を目的とし、集団の中で創作活動やスポーツ活動などを通じて、お友だちとかかわりながら、指導及び訓練を行います。

 

 ・ことばや運動、発達など気になるところにアプローチを行い、発達を促していきます。

 

 ・いろいろな経験をお友だちとできる、少人数活動プログラムを提供します。


『ばあす』が大切にすること

  一人ひとりの個性を大切にし、持っているチカラを十分に生かして、楽しく過ごせる場所をお子さまに寄り添いながらご家族と一緒に作っていきます。


 

定  員  各事業所1日定員 10名
対  象  小学生(身体障がい・知的障がい・

      発達障がい)
通園バス  学校までお迎えに行き、ご自宅まで

      お送りします
  日  月~土
      (夏期・冬期は法人既定の休園日が

       あります)
開園時間  午後1:30~午後17:30まで
      (祝日・休校日は午前9:00から

       ご利用可能な場合もございます)

 

ばあすの1日

 

自由時間

 連絡ノート提出、宿題、おもちゃ遊び、

 お絵かき など

 

始まりの会

 

おやつ

 

活動内容

 お散歩(交通ルールなどを身につける)、

 みんなでゲーム、体育(マット運動など)、

 課題製作、季節のイベント など

 

帰りの会

 連絡ノートお返し

 あいさつ

 

広い空間で、自由にのんびりと

遊んで、勉強して、

楽しみながら、数の単位や音楽などを少しずつ

身につけていけたらと思います



 

定  員  各事業所1日定員 10名
対  象  小学生(身体障がい・知的障がい・

      発達障がい)
通園バス  学校までお迎えに行き、ご自宅まで

      お送りします
  日  月~土
      (夏期・冬期は法人既定の休園日が

       あります)
開園時間  午後1:30~午後17:30まで
      (祝日・休校日は午前9:00から

       ご利用可能な場合もございます) 

子ども達の興味は多種多様です

 

オモチャの片づけや、自分のイスを運ぶなど簡単なルールを身に着けてほしいと思っております

 

ちびっこばあすの1日

 

 身支度(連絡ノートの提出、手洗い、うがい、

     トイレ等)

 室内自由遊び(絵本、プラレール、ブロック、

        ままごと等)

 オモチャの片づけ ⇒ 自分のイスをはこぶ

 

始まりの会

 あいさつ、呼称

 1人ずつキャッチボールやケンケンパ等、体を

 動かす

 ・カラーボールを使った色の識別

 ・物の個数の学習

 ・楽器を使い、模倣動作や、音を頼りに注視、

  追試することを引き出す

 

 ・今日の予定確認

 

おやつ

 

主活動 

 散 歩……歩行訓練、他者とのペースや行動を

      合わせる経験を積む、交通ルールを

      学ぶ

 ゲーム……簡単なルールのある活動に参加し、

      集団での人間関係の基礎(思いやり

      助け合い等)を学ぶ

 

室内自由遊び

 オモチャの片づけ ⇒ 自分のイスを運ぶ

 

帰りの会

 ・一人ずつ体を動かす

 ・絵本、紙芝居の読み聞かせ

 ・あいさつ、連絡ノートを返却

      




 

定  員  各事業所1日定員 10名
対  象  小学生(身体障がい・知的障がい・

      発達障がい)
通園バス  学校までお迎えに行き、ご自宅まで

      お送りします
  日  月~土
      (夏期・冬期は法人既定の休園日が

       あります)
開園時間  午後1:30~午後17:30まで
      (祝日・休校日は午前9:00から

       ご利用可能な場合もございます)


受入れ準備として

 ・のびっこ学習、制作物準備

 ・オモチャ、おやつ用意

 ・子どもの注意事項確認

 ・環境設定、スケジュール確認をしています

 

※オモチャは、最低限の物だけ出しておき、あとは

 貸出制としています

 使ったオモチャを片付けて返却したら、次の

 オモチャを借りられるようにしています

 

のびっこばあすの1日

 

 ・ばあすノート提出、荷物片づけ、手洗い、

  うがい等

 ・宿題、のびっこプリント、学習ノート

 ・カレンダー作り、季節の制作

 ・オモチャ、お絵かきコンクール

 ・チャレンジ企画

 

おやつ

 おやつの前に、片づけ、トイレ、手洗い等

 

始まりの会

 今日の予定、注意事項等確認

 

 ・散歩(公園、図書館、コイのエサやり等)

 ・学習、制作、オモチャ、お絵かき

 ・チャレンジ企画

 

 片づけ、トイレ、荷物整理等

 

帰りの会

 ・歌、ゲーム、発表等

 ・ばあすノートを返す

 ・あいさつ

 



 

定  員  1日定員 20名
対  象  小学生(身体障がい・知的障がい・

      発達障がい)
通園バス  学校までお迎えに行き、ご自宅まで

      お送りします
  日  月~金
      (夏期・冬期は法人既定の休園日が

       あります)
開園時間  午後1:30~午後17:30まで
      (土・祝日・休校日は午前9:00

       からご利用可能な場合も

       ございます) 

農家様のご好意で畑に芋を植えたりさせていただいております

収穫もまた学習の一つであると考えております


:注

リトミック活動とは:

音楽教育体系の事で、リズムや音に対して身体的に反応、行動することによって、諸感覚を鋭敏にし精神と身体を一致調和させ、集中力や自発性、表現性などを培い、技術・技巧によらない創造的な人間教育を目指すことなどをいいます。

 

わくわくばあすの1日

 

 ・連絡ノート提出、荷物整理、手洗い、

  うがい等

 ・宿題、季節のもの制作

 ・オモチャ、お絵かき

 

始まりの会

 今日の予定、注意事項等確認

 

おやつ

 片づけ、トイレ、手洗い等の後に

 

活 動

 ・散歩(公園、公民館、交通ルールの確認)

 ・学習、オモチャ、お絵かき

 

 月・火 わくわくアート

  テーマをもとに、いろいろな技法を用いて

  描写などを行います。

  それぞれの発想を大切に用いて作品を完成

  した後には、お友達の作品の良い所を発表

  し合います。

 水   わくわく体験

  芋ほりなどの畑作業活動、近所の散策など、

  活動体験から発見を多く作っていきます。

 木・金 わくわく音楽

  リトミック活動:注 などを取り入れ、音楽

  に合わせ体を動かすことの楽しさを体験して

  いきます。

  また、音楽活動を通して、コミュニケーショ

  ン面でのスキル向上も図ります。

 

 ・歌(わくわくばあすの歌をみんなで

  歌います)、ゲーム、発表等

 ・連絡ノートを返す

 

あいさつ

 



 

定  員  1日定員 10名
対  象  小学生(身体障がい・知的障がい・

          発達障がい・

          重症心身障がい)
通園バス  学校までお迎えに行き、ご自宅まで

      お送りします
  日  月~金
      (夏期・冬期は法人既定の休園日が

       あります)
開園時間  午後1:30~午後17:30まで
      (土・祝日・休校日は午前9:00

       からご利用可能な場合も

       ございます) 

すくすくばあすでは特に、

『医療ケア』という言葉がでてきますが……。

 

重症心身障がいで医療ケアが必要なお子さんや要全介助のお子さんが通園しており、看護師と支援員が協力をしながら、安全に楽しく通えるように日々支援をおこなっております。

 

また、毎月カレンダー製作をおこない、各ご家庭へお持ち帰りをしています。

ご家庭との連絡や確認が密に取れるようになればと思っております。

 

すくすくばあすの1日

 

身支度、トイレ介助、医療ケア

 

始まりの会

 ・今日のひにち

 ・お天気

 ・お名前

 ・今月のうた

 ・今日の予定

 

おやつ

 

 ・今日の課題活動

 ・医療ケア

 

自由活動(リラックスタイム)

 トイレ介助、身支度

 

帰りの会

 



『ばあす』の子は……

あいさつをしっかり出来る子に!



 

当会においては児童発達管理責任者やサービス管理責任者はもとより、看護師・作業療法士・養護学校教員・教員(中・高)・保育士・幼稚園教師・音楽教師・栄養士・介護福祉士・訪問介護員2級・メディカルハーブセラピスト・ピアカウンセラー等様々な有資格者スタッフを適所に配置し、多種にわたる支援体制を構築していきたいと思っております。